ホームページのトップページに戻る
   定期地借権について  
定期借地権の土地とは、地主から20年間など、ある一定の期間を定めて土地を借りる契約です。 
期間が終了すると建物を建築した場合には、建物を解体して返却さなければなりません。 
借りている間は月々の地代もかかります。 
借地権は旧法と新法が有ります。旧法は借主に大変有利な内容になっていますが、新法は不利です。 
住宅ローンなどの借り入れはどちらも極めて難しく、ほぼ現金でなければ購入ができません。 
聞いているとそんなの買う人居るのと思いますが、いらっしゃいます。 
例えば、予算内では相場的に希望の土地が無い方でどうしても妥協ができない方や、
ご子息がいなく資産を自分の代で使い切りたい方などは、
売買物件の価格に比べて、安い価格で広い土地を購入できます。 
ただし物件数は極端に少ないです。 期間の途中で権利を売却ができますが、まず売れないです。