ホームページのトップページに戻る
   
ハウスメーカで建築すれば、良い建物が出来ると勘違いしている方は是非下記を読んで下さい。
・大手ハウスメーカーでと言う事だけで素人の方は、建物もしっかりしているし、その後の保障も安心と思われるかもしれません。 はたしてそうでしょうか? 大手ハウスメーカの建物も所詮はハウスメーカーの規定にのっとって地元工務店が建築をしています。 建物は人間が作る物ですから、いくら大手フスメーカーと言っても建築する末端の職人の腕が悪ければ、壁紙一つにとっても雑で下手くそです。 大手ハウスメーカーの下請けに入っている大工さんは、利益のほとんどを親会社のハウスメーカーさんに持って行かれてしまいます。 その為、多くの大工さんは安い賃金のハウスメーカーの下請けの仕事など本来したくないのです。 では何故するのか? それはそうでもしないと、建築の受注が無いのです。 その為、背に腹はかえられずで、嫌々でもやらなければいけないのです。 では何故受注が無いのか? それは、腕が悪い大工さんだからです。 これは他の理由で受注が取れない大工さんもいるかもしれませんが、その方は例外として、多くがそうです。 腕の良い大工さんはハウスメーカーの安い下請けなどに入らなくても、引く手あまたですから、受注が有ります。 腕の悪い大工さんが、安い賃金で嫌々建築したハウスメーカーの建物=良い建物でしょうか? 地元の工務店で腕の良い大工さんが、それなりの賃金で前向きに作った建物=良い建物 の方が良い建物の確率が高くなります。 但し、B地元の工務店が多くの利益を出すために、手を抜いて建てた建物=ハウスメーカーの建物よりも最悪にになると言うケースが有ります。 テレビなどで報道されるのは、このBのケースが多いので、地元の工務店は心配だと言う方が多いと思いますがBでなければ、本来、Aが一番良いはずです。
建物を新築する場合に大きく分けて2種類に分かれます。一つは大手建築ハウスメーカーで建築する。 もう一つは地元の無名な工務店で建築をするかです。 どちらもメリットとデメリットが有ります。 ハウスメーカーは展示場の経費や、建物をセールスするセールスマンの人件費をがたくさんかけて集客をします。 例えば展示場に来たお客様がカタログが欲しいと言えば無料で差し上げます。 1部300円として100人に配れば合計3万円のカタログ代が掛かります。 しかし、その中で実際に建築をしてくれる人は、よくて1人です。 残り99人分のカタログ代は経費は誰が負担するのでしょう? それは建築を実際に頼んだ1人の建築費に組み込まれ負担する仕組みです。 これが全ての経費でそうなります。 実際はお客様には請求名目が違いますので、本人はきずきません。 たとえばハウスメーカーが建築をする金額が1坪当たりの価格60万円×建物面積30坪=1800万円で建築するとします。 まったく同じ建物が地元工務店で有れば1200万円で建築できてしまいます。 この差額600万円が建物以外の経費です。 ハウスメーカー場合は、宣伝広告費や人件費(営業マンなど)にお金をかけています。 ちなみにハウスメーカーの営業で3か月に1件建築の契約が取れれば、優秀だそうです。 と言う事は薄利多売ではダメなのです。濃利少売です。 ハウスメーカで建築すると工務店で建築をするよりも割高になるのはこの仕組みです。 では今度は地元の工務店ですが、これは全く無名ですので良いところに頼めばかかるお金が無駄な経費が一切ないので、お金をかけた分、良い建物ができます。 ただし悪質な建築業者に引っ掛かりかえって割高な建築をさせられる場合も有ります。 その失敗が無ければ保証も今は昔と違って、大手ハウスメーカーと同じですし何のデメリットも有りません。 でわ結局どうしたら良いのか? ベストな方法はハウスメーカーと同じ建物の(仕様やグレード)で信頼できる地元工務店で、建築費以外の無駄な経費をかけずに建築してもらう方法です。 そんな事が出来るのか?できます。 その方法は企業秘密ですので、当社のお客様だけにお会いした時にお話し致します。