ホームページのトップページに戻る
その他ローン
  勤務先などが窓口となる  
勤務先で財形貯蓄を1年以上続けている会社員を対象とした財形住宅融資があります。勤務先や自治体などが住宅ローンの利子を補助してくれるケースもあるので、確認しましょう。このほかフラット35と民間ローンの併用で金利を引き下げる「協調融資」もあります。