ホームページのトップページに戻る
   
不動産探しのアドバイス
 
     
   
このページでは、不動産をお探しのお客様に、今後、不動産をお探しになられる際に、私の不動産業19年間の知識と経験で、お客様のお役にに立てるアドバイスが出来ればと思い記載をさせて頂きました。
より良い物件を探す方法や、失敗しない不動産の選び方、信用できる不動産業者の選び方の参考にして下さい。
ここで記載している内容は、実際に日頃からお客様と接している者が記載をさせて頂いています。
私は、よく不動産にの事を放映しているテレビ番組を見るようにしています。 
何故なら、不動産をお探しのお客様の多くは、テレビで放映された内容に、疑いの目を持たずに、放映内容に、非常に左右される方が多く見受けられます。
ですが、不動産業を19年営んでいて、本当の事を知っている私は、その放映内容を見て、現場の事を知らない人の意見だな〜と感じながら視聴しています。
きっと手短なところで取材をして、その取材内容の情報が正しいかの裏付けも取らずに、本当の事を知らないで、放映をしているのだなーと思います。
その情報を鵜呑みにして、誤った判断をする人が出るのに、無責任な事だと感じています。
何を言いたいかと言いますと、無責任な情報に、お客様は惑わされないで欲しいと言いたいのです。
私は、そんな現実とは違う情報や現実とかけ離れている内容は記載致しません。
そんな内容の話は記載しても、お時間を取って読んで頂けるお客様に失礼です。
お客様の不利益です。
但し、先に申し上げておきます。本当の事は、時に、お客様にとっては、感に触る事があり、不愉快に思われるかもしれません。
なるべくそうならないように、優しく記載させて頂きますが、文才が無いものですから、お気を害すようであれば、先にお詫びさせて頂きます。すみません、悪意はございません。
私は、お客様に、良い物件をお探しあてて頂きた。
間違った情報で、間違った判断をして頂きたくない。との思いで記載させて頂いています。
※不動産の売却のお客様・土地を購入して注文住宅をお考えの方は、売却と建築のアドバイスページもご覧下さい。
 
     
NO3 不動産を探す場合に自分で条件をガッチリ決めて探す方がいますが、それは逆かもしれません。
お客様の多くは、何を基準にお決めになったのはわかりませんが、どこどこで、何坪で何万円までと言う方が多いと思います。
そして、その条件で物件をお探しして、資料をお渡しすると、日当たりが悪い、何何がダメとおしゃいます。
不動産は、良より質か、質より量かとなりますので、相場よりも低い価格で物件を探せば質が落ち、
ダメな箇所が多いのは当たり前で逆に、ダメな箇所が無ければ、相場よりも若干高くなります。
まずは、自分の予算で相場からして、どんな条件で有れば、気にいるような内容で物件が買えるのか調べるべきです。
例えば相場で200万円する中古のベンツを、予算50万円で探せば、確かに有るかもしれません。
ですが、実際に見に行くと、ひどいものかもしれません。
ですが、それは50万円のベンツですから、200万円の内容を求めている方には、ヒドク見えるかもしれません。
ですが、50万円のベンツがヒドイのではなくて、値段なりの内容で、それが相場なのです。
相場が理解できている方は、そんなベンツでも売れるはずです。
不動産にも同じ事がいえます。
土地面積30坪で3000万円する相場の地域で、30坪で1000万円の物件は存在します。
但し、崖地で更地にするのに工事に2000万円かかる土地です。
わざわざ3000万円で売れる物を、損をして1000万円で売る人はいませんよね?
質より量のご予算で、探せばいくら物件を見ても、ダメな内容の物件をわざわざ探しているだけですので、
いくら、探しても見つかるわけが有りません。
予算を上げるか、地域を変えるか、広さを小さくするかなど、何かの条件を見直さなければ見つかりません。
NO4 販売用図面だけを見て、物件を選んでいませんか?近道のようで、遠をまわりです。
よくお客様の中に物件資料だけを取り寄せて、物件の現地を見ずに、物件の比較検討をしている方がいらしゃいます。
それでは正しい比較検討はできません。
何故なら、物件資料には良い事は書きますが悪い個所は書かないからです。
悪い箇所がわからないままで、価格の比較などをしても間違った知識が付くだけです。
仮に図面だけで物件を選んで、見に行こうと思い、見に行く間に他で売れてしまったとします。
そうすると、実際にこれ位の良い条件で物件が有るなら同じくらいの物も有るだろうと勘違いします。
実は、その売れてしまった物件は、目に見えない瑕疵が有り、実際売れていなくても買わない物件だったかもしれません。
実は、こう言ったケースは多々あります。
プロの不動産業者でも実際に現地を見なければ物件の良し悪しがわからないので、現地確認をしに行きます。
それで更に物件の見えない部分を確認して、物件の良し悪しが決まります。
それなのに、不動産を初めて購入する一般の方が図面だけでわかるはずが有りません。
確かに現地を見に行くには時間や手間が掛かります。
ですが、現地を見なければいつまで経っても現実が理解できません。
図面だけで間違った判断をして、物件を紹介しても的外れな理由で現地を見に行かないお客様は不動産業者も離れていきます。
何故なら、現地を見ないイコール買う気が無い、買う気があっても現実を理解する機会が無いので実際は買えないお客様だと判断するからです。
不動産業者は物件を実際に見てくれるお客様に力を入れて物件を探します。
現地見学を頼まれて嫌がる不動産業者はいないはずです。 積極的に現地見学はしましょう

それでも、家賃を払い続けますか(栄和住宅)

不動産に掘り出し物は有りません